読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在、ED治療には良い薬(勃起を促す補助薬)がいろいろ開発されています

現在、ED治療には良い薬(勃起を促す補助薬)がいろいろ開発されています(バイアグラ、レビトラ、シアリスシルデナフィルなど)。
ご要望も考慮しながら、個々の患者様に最も適した薬を処方いたします。
バイアグラ

バイアグラは、世界で初めて認可された威哥王ED治療薬です。
1998年に米国ファイザー社から発売され、その翌年の1999年に勃起不全の医療用治療薬として日本で認可されました。有効成分はシルデナフィルという物質で、この成分の含有量の違いから25mg錠と50mg錠の二種類があります。錠剤の形状は、青いひし形です。
この薬に続いて、レビトラ、シアリスと、次々に新しい薬が開発・発売されてきましたが、知名度、利用者数ともに、バイアグラはまだまだ他に抜きん出ています。そうした実績があるだけに、一番信頼度が高いと言えるでしょう。
レビトラ

レビトラは、世界で2番目に生まれたED治療薬で、2003年にドイツのバイエル社から発売されました。日本では2004年に認可され、同年6月に5mg錠と10mg錠の発売が開始され、少し遅れて20mg錠が2007年7月に発売されました。錠剤の形状は、オレンジ色をした丸形です。
バイアグラとの大きな違いは「食事の影響を受けにくい」ところでしょう。
ただし、レビトラの説明書には「標準的な食事の影響が無い」と記されており、「総エネルギーに占める脂肪の割合が30%」という補足が付いています。男性の標準的食事のエネルギー量とされる700kcalまで、しかもそのうち脂肪の占める割合が30%までなら大丈夫ということです。
また、バイアグラでは思うような効きめを感じることができなかった人が、レビトラを試してみたら効果が実感できたというケースも少なくないようですので、バイアグラをうまく補助してくれる薬とも言えるでしょう。
シアリス

シアリスは、米国のイーライリリー社が開発した世界で3番目のED治療薬です。
シアリスは2003年に米国で販売され、日本では2007年に厚生労働省により認可を受けて製造・販売されています。5mg錠、10mg錠、20mg錠の三種類があります。錠剤の形状は、黄色い涙形をしています。
シアリスはED治療薬として、バイアグラやレビトラよりも後に開発されたがゆえに、それだけ改良が重ねられています。そのためシアリスは、それまでのED治療薬であるバイアグラやレビトラには見られない優秀性を備えています。
例えば、シアリスは“ウィークエンドピル”の異名をもっていますが、それはシアリスを服用すると効果の継続時間が最大36時間あり、土曜日の夕方に服用したら、月曜日の朝まで効果が期待できることに由来しています。バイアグラやレビトラが5時間程度であるのに比べて、シアリスは、それらよりもずっと長く、最大36時間の効果持続時間を誇っているのです。
シルデナフィルとは

シルデナフィルは、国内の大手後発品メーカーから発売された、「バイアグラ」のジェネリック医薬品後発医薬品)です。ジェネリック医薬品とは、先発品と同じ成分を含有する後発品のことですので、シルデナフィルバイアグラと同一成分を含有し、したがって同一の効果・副作用があります。バイアグラ特許権が切れ、厚労省の承認を得ることによって、シルデナフィルの製造・販売は可能になったのです。
後発医薬品は、先発医薬品と違って研究開発費や実験費などを要しないので、安く作ることができます。そのためシルデナフィルの価格は、バイアグラよりも格段に安くなっています。
シルデナフィルは、バイアグラとほぼ同じ効果があるうえに安価で、しかも厚労省の承認を受けている、安全なED治療薬なのです。

五夜神を激安で購入する